沿革

昭和電工グループは、わが国の重要な資源である豊富な水力を利用する電気化学工業の将来性に注目することから出発しました。

電気化学に端を発した当社グループの技術は、無機化学・有機化学・金属材料へと発展を遂げ、現在は、情報通信産業自動車産業に用いられる素材・部品や、生活に必要なさまざまな製品に受け継がれています。

★昭和電工(株) ◆昭和アルミニウム(株) ●昭和高分子(株) (橙字は当社グループ技術・製品に関する事項)

1908年~
「不撓不屈」の精神で事業を軌道に~昭和電工グループの礎を築く~
1908年 ★総房水産(株)設立

昭和肥料(株)川崎工場
昭和肥料(株)川崎工場

国産アルミニウム一号塊
国産アルミニウム一号塊

1921年 ◆髙田アルミニューム器具製作所設立
1926年 ★日本沃度(株)設立(これをもって創業とする)
1928年 ★昭和肥料(株)設立
1931年 ★国産法による硫安を製造(昭和肥料(株))
1934年 ★国産アルミニウムを工業化(日本沃度(株))
1937年 ●理研琥珀工業(株)設立
1939年

★日本電気工業(株)、昭和肥料(株)の両社合併、昭和電工株式会社設立

1945年~
戦後復興と高度成長の波に乗って~事業の深化と発展~
1945年 ★硫安肥料生産再開 

アルミ缶の生産
アルミ缶の生産

大分石油化学コンビナート
大分石油化学コンビナート

1951年 ●合成樹脂エマルジョンを国産化 
1953年 ●不飽和ポリエステル樹脂を国産化 
1965年 ●ビニルエステル樹脂を国産化 
1969年
  • ◆昭和アルミニウム缶(株)、日本ではじめてアルミ缶を生産
  • ★大分石油化学コンビナート営業運転開始
1981年
  • ◆高純度アルミニウム精製法「コージュナル法」開発
  • ◆一部工場でのアルミ缶回収活動を開始
1986年~
オイルショックを乗り越えて~省エネルギー型製品への転換~
1986年
  • ◆アルミニウムシリンダーの製造販売開始
  • ★米国で黒鉛電極事業を買収、昭和電工カーボン社設立

レーザービームプリンター用シリンダー
レーザービームプリンター用シリンダー

昭和電工カーボン
昭和電工カーボン

1988年 ★ハードディスク事業へ進出
1990年 ◆全社的なアルミ缶リサイクル活動を開始
1995年 ★「レスポンシブル・ケアに関する行動指針」を策定
1997年 ★RCレポート発行
1998年 ★企業行動規範制定
2001年~
有機・無機化学とアルミ加工の技術融合~高付加価値事業へ本格的に進出~
2001年
  • ★◆昭和アルミニウム(株)との合併を契機に、昭和電工(株)の事業所・グループ会社にもアルミ缶リサイクル活動を拡大
  • ★◆昭和アルミニウム(株)を合併

ハードディスク
ハードディスク

レスポンシブルケア世界憲章認証書
レスポンシブルケア世界憲章認証書

2003年

★川崎事業所にて使用済みプラスチックのアンモニア原料化事業を開始

2005年
  • ★世界初の垂直磁気記録方式ハードディスクの量産開始
  • ★CSRレポート発行
  • ★「レスポンシブル・ケア世界憲章(RC世界憲章)」に署名
2009年
  • ★パワー半導体用冷却器の生産開始
  • ★先端電池材料部を新設
2010年 ★●昭和高分子(株)を合併
2011年
~無機と有機の技術の融合を推進~進化する個性派化学の「具体化。」~
2011年

★「パワー半導体用冷却器の開発」で第43回市村産業賞貢献賞を受賞

パワー半導体冷却器
パワー半導体冷却器

植物工場
植物工場

2012年 ★「私たちの行動規範」「実践の手引き」制定
2013年
  • ★植物育成用LED照明が「2012年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞
  • ★長年のアルミ缶リサイクル活動に対し、平成25年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰「経済産業大臣賞」を受賞
2014年
  • ★改訂RC世界憲章に改めて署名
  • ★厚生労働省主催「イクメン企業アワード2014」において、特別奨励賞を受賞
2015年

★トムソン・ロイターの「Top100 グローバル・イノベーター2015」を受賞

2016年
  • ★「プラチナくるみん」取得
  • ★SGL GEの黒鉛電極買収を決定
2017年

★先端電池材料事業部を新設

ページトップへ