千葉事業所

事業所の概要

千葉事業所は1961年よりアルミ精錬工場として事業をスタートさせ、時代とともに生産品も変わり、現在はハードディスクメディアを開発・生産する昭和電工エレクトロニクス(株)、ナノプロセス・薄膜プロセスの研究開発を行う事業開発センター(市原)と一体運営しています。
昭和電工(株)では、1989年よりハードディスクメディアの開発と生産を行っています。ハードディスクメディアはパソコンやデータセンター向けハードディスクドライブ(HDD)、カーナビゲーション、外付けHDD、HDDレコーダー、ゲーム機、監視カメラなど幅広く使用されている大容量記録媒体です。私たちは世界をリードする最先端の技術力で、常に“Best in Class”の製品をお客様に提供し、ますます大容量の記録媒体を必要とする高度情報化社会の期待に応えていきます。

 

主な製品

  • ハードディスク

CSRレポート

新着情報

2018年

2017年

ページトップへ