秩父事業所

事業所の概要

秩父事業所は1927年、関東水電(株)影森工場としてカーバイトおよび石灰窒素の製造を開始しました。以来、時代の最先端を担う素材の研究から生産まで一貫して取り組んでおり、長年にわたり培ってきた素材開発のノウハウを駆使し、多様な視点から研究開発を展開し、LED素子、LEDエピタキシャルウェーハ、レアアース磁石合金など、エレクトロニクス関連の多様な製品群を幅広い産業分野にお届けしています。
当事業所は水力発電所を保有しており、再生可能エネルギーの活用にも貢献しています。

 

主な製品

  • LED素子
  • LEDエピタキシャルウェーハ
  • レアアース磁石合金
  • SiCエピタキシャルウェーハ

など

CSRレポート

新着情報

ページトップへ