喜多方事業所

事業所の概要

喜多方事業所は、昭和電工の前身である日本電気工業により、アルミニウム電解工場として939年に設立されました。長年にわたり培ってきた技術やノウハウを最大限に活用し、材料設計から溶解鋳造、鍛造に至る一貫した生産体制を整備しています。
主要な製品は、アルミ合金連続鋳造棒、押出品、鍛造品です。昭和電工が独自に開発した技術(気体加圧式ホットトップ連続鋳造法・気体加圧式水平完全連続鋳造法)は、微細均一な組織を実現し、さまざまな合金種の鋳造を可能としました。用途に応じた特性を持つ各種製品は、自動車や産業機械などの分野で幅広く使用されています。

 

主な製品

など

CSRレポート・事業所だより

新着情報

ページトップへ