CSR調達の推進

CSR調達の推進

昭和電工グループCSR調達ガイドライン

ガイドラインの骨子

  • 企業統治
  • 企業倫理・コンプライアンス
  • 品質・製品安全
  • 公正取引
  • 環境保全
  • 職場の安全・衛生
  • 人権・労働
  • 情報セキュリティ
  • 社会貢献

CSR調達の具体的な取り組み

図:CSR調達の推進手順

当社のCSR調達は、『昭和電工グループCSR調達ガイドライン』を協働で遵守することでお互いの企業価値向上を目指すものです。
「自己診断」、「CSR訪問」、「フォローアップ」を3つの柱とし、3年を一つのサイクルとして推進してまいります。

  1. 1「自己診断」:当社から送付する『自己診断票』を用いて、『昭和電工グループCSR調達ガイドライン』に基づきCSRの取組み状況を、パートナー(お取引先)ご自身で確認していただくものです。『自己診断票』は記入後、当社へ返送していただきます。返送後、当社にて回答内容をとりまとめ、パートナーの皆様へフィードバックします。
  2. 2「CSR訪問」:「自己診断」と並行して行います。これは、互いの生産活動の継続に重要なパートナーを、当社の購買調達担当者が訪問し、「自己診断」と同様に『自己診断票』を用いて、対話形式で遵守状況を確認するものです。継続的に実施し、可能な限り多くのパートナーとの対話を行ってまいります。
  3. 3「フォローアップ」:「自己診断」、「CSR訪問」により、ガイドライン遵守に関して確認・改善のテーマが見つかったパートナーと、協働で改善に取り組むものです。

適用範囲

原則として全ての購入品・サービスを対象といたします。

自己診断票

グリーン購買について

「グリーン購買」は、CSR調達に包含して実施いたします。調査項目等の詳細については、各事業部にて決定いたします。

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader(無償配布)」が必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社のサイトで入手することが可能です。
※Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

Get ADOBE READER

ページトップへ