職種・分野と業務の流れ

昭和電工では技術系・事務系の枠組みを超え、専門性のある様々な分野の職種が互いに
クロスオーバーし、有機的に協力しあいながら一体となって業務を動かしています。

技術系社員のキャリアパス

技術系社員は、専攻で学んだことが活きる職場でリサーチャーやエンジニアとしてスタートを切り、OJTを通じて業務能力を高めていきます。年に一度上司と将来キャリアについて懇談する機会を持ち、本人の希望、第三者の視点と会社の必要性の総合的な判断から、個々人が最も活躍・貢献できるキャリアを形成していきます。

事務系社員のキャリアパス

事務系社員は、ジョブローテーションを通じたOJTによる育成を基本としています。まず、初任配属は面談により本人の希望を確認したうえで、適性や業務ニーズに応じて配属先を決定しています。その後は、育成ベースのローテーションを経験することで、専門知識・スキルの幅を広げたり、多面的な視野を身に付けてもらったりしながら、キャリア形成していきます。

研究開発 新しい価値を創造する

市場ニーズや顧客要求を睨みながら、新製品・事業に繋がる新物質・技術の研究(基礎研究)や、工業化のための性能開発・工業生産のための要素技術の研究(工業化研究)に取り組みます。素材メーカーである当社では、お客様の開発を後押しする顧客対応も重要な業務の一つです。強い知的好奇心とともに、論理的な思考と粘り強さが求められる職種です。

研究開発の社員紹介

チャートに戻る ▲

生産プロセス検討 世界に誇る日本のモノづくりの根幹を創る

モノを作るのに必要な手順、材料、設備、時間など、モノの作り方の設計書を定めます。この設計により原価や利益率がほぼ決まるため、当社のような製造業では製品の事業性を決定するきわめて重要な業務です。スケールアップ検討を行って設計に必要な要素情報を集めたり、生産性向上や増産のためのプロセス改良に取り組みます。専門知識の他に、材料開発や設備検討を担当する人と連携して進めるコミュニケーション力も必要な職種です。

生産プロセス検討の社員紹介

チャートに戻る ▲

設備技術検討・設備管理 最高のモノづくりを具体化する

当社の多様な製品は、様々な製造設備で生産されています。高い品質・効率を実現するためには、もちろん設備にも独自の技術をおりこんだ改良や設計が必要。新しいプロセスを実施する設備設計や建設指示、既存設備の生産性向上のための改善、既存設備の安全性・生産性維持のための設備管理や診断など、製造設備全般に関わる技術を担う、頼られる職種です。専門知識を軸として活躍しながら、モノづくりに関する知識を深めていきます。

設備技術検討・設備管理の社員紹介

チャートに戻る ▲

物流・生産管理 最良のモノづくりを支える

当社のような装置産業では、いかに効率よく生産できるかが会社の収益を大きく左右します。そこで、設備の稼働状況、販売見通し、原材料・製品在庫など様々な情報を整理・分析して、最適な生産計画を立案するのが生産管理の仕事です。物流管理では輸送費のコストダウンや適正在庫の実現などを担当します。事業所のモノづくりを支える中枢的な仕事と言えます。

物流・生産管理の社員紹介

チャートに戻る ▲

営業 戦略を描き、全体をマネジメントする

当社の営業は、ズバリ「司令塔」。単に製品を販売するだけではありません。マーケティングはもちろん、自ら事業戦略・製品戦略を描きながら、お客様・営業・事業所をマネジメントしていく力が強く求められます。当社の事業分野は幅広く、営業スタイルやお客様は事業・製品によって様々。また、売上高の約3分の1は海外です。国内外を問わず、柔軟かつチャレンジングに活躍できるフィールドが広がっています。

営業の社員紹介

チャートに戻る ▲

経理 数字から会社の動きを読み、伝える

売上・原価・各種費用などをもとに、製品や事業のコスト・収益を正確に把握し、社内外に発信する役割を担います。経理データは、事業計画や経営判断など会社のあらゆる判断基準となります。数字を通じて、経営や事業の動きを読み取り、会社の未来を描く。戦略的な思考と視野の広さが求められる職種です。

経理の社員紹介

チャートに戻る ▲

人事 人に活力を注ぎ、会社に活力を注ぐ

人材は企業にとって最大の資源。社員一人ひとりと向き合い、経営と社員の向かうべきベクトルを合わせ、社員が活き活きと働くことができる環境を作り上げるのが人事の仕事です。採用、教育、人員配置、人事・福利厚生制度の立案など業務は多岐にわたり、社内外の多くの折衝が伴います。コミュニケーション力以外にも、バランス感覚や柔軟な思考も求められる仕事です。

人事の社員紹介

チャートに戻る ▲

知的財産 事業競争力の源泉を守る

モノを作る技術や売る仕組みなどの知恵や工夫は、事業の競争力の源泉になる重要な情報です。これを創り、守り、かつ攻める戦略を立てるのが知的財産の仕事です。技術や事業と一体となって、強い事業を創る。軸となる専門知識の他に、広い技術的知識と知的財産に関する法律知識も身に付けていく職種です。

チャートに戻る ▲

ページトップ