内定者座談会 技術系編

2017年4月に昭和電工に入社する7名の技術系職種の内定者の方々に、短期決戦を乗り切るためのアドバイスも含め、就職活動を振り返って語っていただきました。

就職活動を振り返って

■最初に志望していた業界は?

小野私は応用化学を専攻し、高分子薄膜を用いて金属酸化物超薄膜をつくる研究をしていました。学部での勉強や研究で扱ってきた知識や経験を活かしたいと思い、化学メーカーへの就職を希望していました。さらに、薄膜やそのパターン形成の研究をしていたので、配線に使うような素材の研究をやってみたいと考えていました。

和佐田半導体の3次元積層技術を研究していました。その分野で就職先を探そうとするとかなり限られるので、化学工学の知識を活かせる、鉄鋼、総合化学、機能性材料、ガスなどを幅広くみていました。

森田学部時代は機械設計を学び、大学院ではポーラスアルミニウムの研究をしていました。活動当初は、研究を活かせるアルミニウム材料を扱っているメーカーを意識していました。

川又私は薬学研究科で有機化学専攻だったので、周囲はほぼ製薬メーカー志望でした。私自身も「人の役に立つモノづくりがしたい」という気持ちは強かったのですが、薬は世に出るまで十年単位の研究開発期間を要し、あまりに時間がかかり過ぎるため、化学系に絞って活動しました。

私は分子工学(化学)を専攻し、無機と有機のハイブリッド材料や、その応用としての太陽電池デバイスなども研究していました。その知見を活かせる仕事に就きたいと思い、化学メーカーやエネルギー関連企業、国立研究機関などを中心に考えていました。

石田分子の会合状態によって色が変化するサーモクロミック材料を研究していました。こうした研究のバックグラウンドを活かせるモノづくりがしたいと思い、化学、エネルギー、医療機器メーカーを中心にみていました。

岩瀬私は熱に関する研究をしていて、研究室では車の燃費向上のための技術開発を行っていました。その開発も大変面白いのですが、私としてはプラント設計や開発など、全体的な生産技術に関わる仕事に興味があり、化学メーカーやプラントエンジニアリングなどを考えていました。

■昭和電工に関心をもったきっかけは?

石田きっかけは、先輩に「就職後も本気で研究に取り組みたいなら昭和電工がいいよ」と勧められたこと。幅広い事業を展開する化学メーカーは他にもありましたが、個性派を掲げる昭和電工には他にない魅力がたくさんあったので、研究者として新しいことに挑戦できる可能性を感じ応募しました。

小野ひとつ上の先輩が昭和電工に入社したのがきっかけでした。先輩の話を聞くうちに興味を持つようになりました。さらに、説明会などで話を聞くたびに、研究を非常に大切にする雰囲気や、社員の方々が真摯に仕事に向かっている姿勢に共感し、魅力を感じていました。

私は留学生なので、B to B企業の昭和電工は名前すら知りませんでした。就職活動を始めた頃、指導教授が「今、君がやっている研究もできる企業だ」といって勧めてくれたのが昭和電工でした。自分なりに企業研究する中で、高い技術力があり、博士課程卒業者を優遇してくれる企業だと感じ関心をもちました。

川又正直な話社名しか知らず、就活が始まってから2つ上の先輩に「昭和電工は面接でじっくり人柄をみてくれる」と聞き、興味をもったのがきっかけ。どこよりも早くホームページで情報を公開していて、白さんの言う通り博士課程対象の説明会情報を早くから明示してあったので、ここは博士課程を積極採用してくれるのだと思いました。

そこは、結構ポイントでしたよね。

川又そう。情報開示が早いという気遣いも嬉しかったですし、「博士」「女性」大歓迎と自分に当てはまるキーワードも多かったですからね。そして実際に説明会に参加すると、人事の方をはじめいきいきと仕事している人が多く、自分もこんな風に働きたいと憧れました。

森田私は研究室の先輩が就職していたので、以前から昭和電工を知っていました。化学メーカーの印象が強かったですが、先輩の話から金属材料の分野でも活躍しているとわかり、応募しました。

和佐田私も昭和電工に入社した先輩の話を聞いて興味をもちました。化学工学専攻を活かせるのはもちろん、若手にも難しい研究課題に挑戦させてくれて、それを乗り越えるからこそ成長を実感できると聞き、魅力を感じました。

岩瀬学内説明会ではじめて知り、興味をもったので、個別説明会に参加しました。そこで採用担当者の方から「当社の面接に必要な準備は、日々の研究を一生懸命やること。それだけで大丈夫」と言われ、グッときましたね。就活を頑張る人ではなく、研究を大切にしている人を採用してくれる会社なのだと感じ、志望度が高まりました。

■入社を決めた理由は?

小野就活の最初の段階から決めていました。理由は、出会った社員の方々が魅力的だったから。自分の考えをもって真剣に仕事に打ち込んでいることが一人ひとりから伝わってきて、自分もこんな社会人になりたいと思いました。もちろん、学んできた化学の知識を存分に活かせること、自分の思い描く職場のイメージに最も近い会社だったこともあります。

岩瀬私は、自分を必要としてくれていると感じたことが大きかったと思います。技術面接は1対2で40~50分くらい。興味をもって聞いてくださり、あっという間で楽しかったです。最終面接を終えたとき、その場で「合格です。当社に来てください」と言っていただいたときは本当に嬉しかったですね。

和佐田確かに技術面接は印象的でした。面接時間が長く、研究にどれだけ頭を使ってきたかを評価してくれていると感じました。個性的で独創性のあるモノづくりは、研究に真摯に向き合える人が集まってこそ実現できるもの。その土壌が昭和電工にはあると思い、入社を決めました。

私も技術面接が決め手です。自分が誇りをもって取り組んだ研究をじっくり評価してくれたと感じました。また、博士課程卒業者に対する待遇がいい点も魅力でした。

石田他のどの企業よりも技術面接に時間が割かれていて、技術を重要視していることが伝わりました。40分の間にしっかり質問もされ、自分の研究の中で特に個性を活かしたところを評価されたことがとても嬉しかった。最終面接の場で合格をいただき、「石田さんの活躍の場を用意して待っています」という言葉をいただいたのも印象に残っています。

森田化学や機械、自動車など様々なメーカーに応募する中で、化学プラントに一番魅力を感じたこと。これこそ自分が本当にやりたいことだと思いました。技術面接では急いで用意したパワーポイントに対し、企業目線で容赦ない意見を浴びせられ焦りましたが、その分自分の研究をしっかり見てくれたと感じました。最終面接の日程も大学の研究優先で選ばせてくれるなど、他社にない配慮もありました。エンジニアを大切にしていること、そして技術力で勝負する会社というところに惹かれました。

川又私はアカデミックでの就職と迷いましたが、オンリーワン・ナンバーワンを目指すのはアカデミックと同じ。研究をしっかりやらせてくれるところがいいと思いました。私は推薦を活用し、最初に内定をいただいたのが昭和電工でした。面接がとても楽しく内面もきちんと見ていただけたこと、また見学会などで出会った社員の方が魅力的で、こんな方々と一緒に働いてみたいと思ったことが決め手になりました。

小野私もそう。みなさん魅力的でしたね。また、見学会で女性の先輩の話を聞き、女性が長く働ける環境があることもわかり、いいなと思いました。

昭和電工でこれからチャレンジしたいこと

■希望の仕事・将来の目標は?

和佐田化学工学という専門性を活かし、石油化学、基礎化学品の開発や生産に関わる仕事がしたいと思っています。業務を通して課題を発見し、解決しながらスケールアップ、製造条件の確立、能力増強など、工場の重点課題を進めていきたいです。そしていつかは海外での拠点の立ち上げ、プラントの改善などに挑戦したいです。

岩瀬私も生産技術者として、いろいろなことに挑戦したいと思います。生産技術というのは、様々な人と関わり、ひとつの部分だけでなく全体を見ることができる仕事。いつかプラント全体を任されるような責任者となって、海外のプラント立ち上げなどの指揮を執ってみたいと思っています。

森田これまで学んできたアルミは、添加物によって性質が変わる魔法のような材料。その研究も魅力的ですし、高機能なアルミニウム製品を高効率で生産できるラインの立ち上げにも興味があります。生産技術者として研究と現場の架け橋になっていきたいので、研究から開発、生産まで幅広く経験し、アルミニウム事業のスペシャリストになりたいですね。

小野現在は、印刷ベースで配線を書けるプリンテッドエレクトロニクスをやってみたいと思っています。身近なモノの中に私が関わった製品が組み込まれ、多くの人に使ってもらえたら、とてもやりがいを感じるでしょうね。それと同時に製造現場や、技術営業のような人と関わる仕事にもチャレンジしたいです。

川又一番興味があるのは、機能性モノマー。これまで研究室では、抗がん剤というひとつの目的に向かって研究を続けてきましたが、ひとつの化合物が何にでもなるというのはすごいこと。その素材が社会の役に立つならとても嬉しいですね。個人的には、昭和電工はHDや黒鉛電極のイメージが強いと思っているので「昭和電工って、有機化学でもすごい会社でしょ?」と言ってもらえるような開発を手がけたいです。当面は研究職として働きたいと思っていますが、いずれは技術営業や人事職など様々な経験を積み、本当にお客様から求められていることは何なのかを考えられる人になりたいです。

私は昭和電工の「個性派化学」のひとつであるナノカーボンを使った製品開発をして、リチウム電池など機能性デバイスにつなげていけたらと思っています。風力発電所など、環境問題の解決につながるようなこともやってみたいですね。その先は、韓国やアジアの国をつないでモノづくりを進めるというグローバル化にも貢献したいと思います。

石田社会貢献できるモノづくりをしたいと思っていたので、エネルギー関連に携わりたいと思っています。昭和電工の強みと社会のニーズという二つのポイントを広い視野で捉え、将来的には会社の方向性を示せるような研究者になりたいです。

就職活動中のみなさんへ

■就活のポイント・メッセージ

岩瀬短期決戦ということもあり、「やるべきときにやる という意識で臨むのがいいと思います。私自身は「3月からでいい」と甘く見ていたため、エントリーシートの締め切りに追われてしまいました。計画的に物事を進め、自分の中で「これだけは誰にも負けない」といったこだわりをもち、それを軸として臨めば絶対にうまくいくと思います。自分の中で悔いが残らないように精一杯頑張ってください。

石田 自分のアピールポイントや、その会社に入ってやりたいことを明確にして面接に臨むといいと思います。早く内定をもらう友達を見て焦ることもあるけど、自分のペースを乱さず納得のいくまで取り組んでください。きっといい結果につながると思います。

就活は“これからの人生の準備”という意味で、いい機会になると思います。自己分析をすると自分がどんな人か、何ができるのか、どんな仕事がしたいのかが見えてきます。しっかり自己分析し、誰に対しても明確にアピールできるようにすることが大切だと思います。研究と就活の両立は大変ですが、しっかり時間を管理すれば、納得できる結果がついてくると思います。

川又 白さんの言う通り、自己分析は本当に大切。これまでを振り返り、自分の信念が何かを確認してから面接に臨むと、思いがけない質問にも答えられます。就職先がなかなか決まらなくても、焦らず情報収集をしていけば、必ず自分に合った会社が見つかるはず。みなさんが自分に合った会社に内定をいただき、笑顔で入社されることを願っています。

和佐田 受かっても落ちても、面接官の表情から「何が効果的でどんな発言がよくなかったのか」を反省することが大切だと思います。研究を継続的に頑張ってきたことから得られる“根拠のある自信”は、必ず心の支えになります。だからこそ日頃、一生懸命研究を頑張ることが大切だと思います。

森田今の就活日程は、企業研究の時間が限られているため、早期からの情報収集が必要です。特に、コミュニケーション力は早めにつけた方がいいですね。技術面接に備え、人に納得してもらえる話し方や伝え方を身に付けておく方が、スムーズに就活を進められると思います。あきらめた時が終わり。短期決戦という言葉に惑わされず頑張ってください。

小野 就活は、これからの自分の人生における大きな分岐点。様々な視点で自分に合った会社をじっくり探してください。周囲と足並みをそろえる必要は全くありません。しっかり自己分析をし、自分を見つめた上で、納得のいく就職活動ができるよう応援しています。

小野 亜沙美さん

工学研究科 応用化学専攻

和佐田 温彦さん

工学研究科 化学工学専攻

森田 知朗さん

理工学専攻 知能機械創製理工学教育プログラム

川又 綾乃さん

薬学研究科 分子薬科学専攻

白 鎭碩さん

工学研究科 分子工学専攻

石田 虎太郎さん

応用化学専攻

岩瀬 大地さん

工学研究科 化学生物工学専攻

  

ページトップ