人権・労働慣行・企業倫理

人権およびダイバーシティ

昭和電工グループではダイバーシティ推進を経営戦略の一つとし、さまざまな取り組みを行っています。

こころとかだの健康づくり

従業員が安心していきいきとためには、一人ひとりが自分や家族の健康を大切に考えることが重要です。

人材育成

さまざまなプログラムを通して、人材の育成を図っています。

働きやすい職場づくり

従業員が社会と調和し、いきいきと仕事に取り組むことができるよう、さまざまな取り組みを行っています。

昭和電工グループは、人権尊重を経営の根幹に位置づけており、全社あげて人権に対する意識向上の取り組みを継続しています。

ページトップへ