水資源に対する取り組み

水資源の重要性は世界的な課題として認識されています。昭和電工グループでは、事業場における水資源リスク調査を進めるとともに、事業場からの海や川などへの排出水について水質の維持・向上をはじめ、水の効率的な利用を検討し使用量の削減に積極的に取り組んでいます。
また、安全な水の確保のための次亜塩素酸ソーダの製造、水力発電所利用水の農業用水への還元などを通じて、食や農業の安全にも配慮しています。

ページトップへ