レスポンシブル・ケアマネジメント

レスポンシブル・ケア行動指針

レスポンシブル・ケア世界憲章認証書 レスポンシブル・ケア世界憲章認証書

昭和電工は、「環境・安全・健康」に関する経営方針である「レスポンシブル・ケアに関する行動指針」を1995年3月に策定し、この行動指針に基づき活動を推進しています。
また当社は、2005年に「レスポンシブル・ケア世界憲章(RC世界憲章)」に署名し、その支持と実行を表明しました。その後RC世界憲章は2014年改訂版が策定されたため、同年に改訂RC世界憲章に署名し、国際的に協調してRC活動を進めていくことを表明しました。

レスポンシブル・ケアに関する行動指針
(昭和電工グループ行動指針)

  1. 1.製品の全ライフサイクルにおいて、安全および健康を確保し環境を保護する観点から、事業活動を継続的に見直すとともに改善に努める。
  2. 2.生産活動において、従来型の環境保全はもとより、原料転換、省エネルギー、廃棄物の減量・再資源化、化学物質の排出量削減等を推進し、地球環境との調和による持続的発展に努める。
  3. 3.新製品開発、新規事業、設備の新設・増設・改造において、安全と健康の確保および環境の保護に配慮する。
  4. 4.安全と健康の確保および環境の保護に寄与する研究開発、技術開発を推進し、代替製品・新製品の事業化の推進を図る。
  5. 5.製品や取り扱い物質の安全・健康・環境面の影響に関するリスク評価およびリスク管理の充実を図るとともに、安全な使用と取り扱いに関する情報を、ステークホルダーに提供する。
  6. 6.海外事業、技術移転、製品の国際取引において、安全と健康の確保および環境の保護に配慮する。
  7. 7.国際規則および国内関係法令等を遵守するとともに、国際関係機関、国内外の行政機関等への協力に努める。
  8. 8.安全と健康の確保および環境の保護に関する諸活動に積極的に参加するとともに、社会との対話を深め、理解と信頼の向上に努める。

推進体制

昭和電工ではレスポンシブル・ケア(RC)推進会議をCSR会議の下に設置し、RCに関する重要事項を事前審議しています。
2018年4月現在、本社、13事業部、15事業所、3支店、事業開発センターおよび主要グループ会社14社*でRCを推進しています。
また、海外グループ会社(製造業)についても、RCにかかわる実績の把握と現地指導を行い、対象範囲の拡大を進めています。

■ レスポンシブル・ケア推進体制図

レスポンシブル・ケア推進体制図
  • 昭和電工と一体となってRCを推進しているグループ会社は以下の通りです。
    鶴崎共同動力、昭和電工セラミックス、昭和電工パッ ケージング、昭和アルミニウム缶、昭和電工堺アルミ、昭和電工エレクトロニクス、ユニオン昭和、新潟昭和、昭和アルミ缶リサイク リングセンター、ハイパック、昭和電工ガスプロダクツ、クリーンエス昭和、信州昭和、フロンティアカーボン

PDCAサイクル

■ PDCAサイクル PDCAサイクルの図

当社グループは、RCに関する行動計画を立て(Plan)、実行し(Do)、結果を監査し、評価を行い(Check)、経営者による見直しを経て、次の目標、行動計画に反映する(Act)というPDCAサイクルを活用し、継続的改善に努めています。

教育体制

写真:新任製造課長等RC研修会

新任製造課長等RC研修会
(2017年12月伊勢崎事業所にて開催)

当社グループは、入社時や昇格時などに、労働安全衛生・環境保全・コンプライアンスを中心としたRC教育を実施しています。また、環境、労働安全衛生、品質マネジメントシステムの内部監査員についても、養成研修を毎年定期的に実施し、人材育成に努めています。

監査体制

当社および主要グループ会社事業場は、次のような監査の実施により、活動の評価や改善を進めています。

自己監査

事業場自らがRCシステムおよび実施状況をチェックリストに基づき評価することで、次年度の目標と行動計画に反映させ、継続的改善を進めています。

事業場監査

CSR部環境安全室が、当社および主要グループ会社のRCに関する評価を行うとともに、改善を進めています。2017年は、33事業場(本支店・事業部含む)の監査を実施しました。また、これらの結果はCSR会議で審議され、全社およびグループ会社の方針、目標および計画に反映しています。

マネジメントシステム

当社グループは、環境、品質、労働安全衛生等のマネジメントシステム規格の認証取得・維持を通じて、マネジメントシステムの継続的改善を図っています。

ページトップへ