化学品安全

基本的な考え方

2002年の持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD)で「2020年までに化学物質の生産と使用が人の健康と環境に与える悪影響を最小化する」という目標が提唱され、世界的に化学品の安全の確保の活動が進んでいます。
昭和電工グループは、「社会的に有用かつ安全でお客様の期待に応える製品を提供する」観点で、研究、開発、設計段階から製造、販売、流通、使用、廃棄に至る過程全てにわたり、化学品の安全性の確認だけではなく、お客様がどのように使用されるか、どのように廃棄されるかなど、製品に関係する様々な項目を考慮してリスクを抽出し、それらを低減させるというリスクベースの考え方に基づいて製品安全の確保に積極的に取り組みます。

2016年の取り組み

1.化学品安全情報の収集と提供(お客様の安全確保)

当社グループでは、安全性試験センターにおいて、安全性情報の取得・収集・解析・研究を行っています。2016年に安全性情報取得に関する規程の見直しを行い、研究、開発、設計段階から製造、販売の段階で、それぞれ必要な安全性情報を明確にしました。
また、国内外の化学物質関連の法規制の制定改正情報を確実に入手する体制をとり、必要な法対応を実施しています。
お客様が安全に化学品を使用できるように、収集した安全性情報、法令の制定・改正情報などをデータベース化して一元管理し、安全データシー ト(SDS)*1、製品ラベル、イエローカード*2などを作成、随時更新することで、最新で適切な化学品安全情報を提供しています。

■ 化学物質総合管理システム概念図

化学物質総合管理システム概念図
  • *1安全データシート(SDS)…化学物質の名称、取り扱い・保管上の注意事項、応急処置などを記載した書面で、化学品の供給者から顧客に渡される資料
  • *2イエローカード…日本化学工業協会が推奨している、国内道路輸送において製品別に事故時における措置、連絡通報事項等を明記した書面

2.化学品安全管理

当社グループは、化学品安全の確保に向け、製品の研究、開発、設計段階から製造、販売、流通、使用、廃棄に至る過程においてリスクを評価し、必要な対応をとっています。
特に、新規に化学品をお客様に提供する「サンプル出荷」や「製品として販売する上市」時の審査において、安全性情報を含めた化学品の特性だけでなく、お客様の使用状況等を含め、総合的にリスクを評価し、それに基づき安全対策をとっているか等の観点で、出荷・上市可否を審査する仕組みを構築し、実施しています。特に、人体への摂取・接触の可能性がある製品に関しては厳しい審査を実施しています。

ページトップへ