コミュニティへの参画

基本的な考え方

昭和電工グループでは、化学や環境に関する出前授業、地域の皆様と協働での環境保全活動、アルミ缶リサクル活動など、当社グループに特有な活動を行い、コミュニケーションを通じて地域への貢献を果たします。

地域・社会貢献活動実績

■ 2016年の地域・社会貢献活動実績(昭和電工単体)
取り組み内容事業場数実績
教育関連 社員の講師としての派遣 8

20回開催、716人・時間派遣

インターンの受け入れ 12 28件実施、85人受け入れ
事業場周辺の
環境整備
美化活動 16 105回、延べ5,906時間実施
芸術・文化・
スポーツ振興
芸術・文化・スポーツ振興への協力 15 8,800,000円支出
地域との交流 イベント開催 15 7,866人参加
施設の貸し出し 12 延べ11,772時間貸し出し
工場見学受け入れ 15 7,524人受け入れ
地域発展・福祉 地域経済との調和 13 2,110,000円支出
アルミ缶リサイクル活動 20  
NPO・地元団体との協働 3 252,000円支出

 

2016年の取り組み

2016年も、各地で様々な取り組みを行いました。

教育関連

当社グループは、「化学」への理解と関心を深めていただくことを目的に、事業場が立地する地域の小中学校への出前授業、大学生を含めた学校関係者の工場見学やインターンシップの受け入れなど、教育に関する取り組みを積極的に行っています。

事業所周辺の環境整備

当社グループでは事業場周辺の環境に配慮 し、地域住民の皆様や地元自治体と協働で美化活動を行っています。

地域発展・福祉

昭和電工(株)本社 東日本大震災復興支援(2016年8月)昭和電工(株)本社
東日本大震災復興支援(2016年8月)
当社グループはイベントや都市計画、街づくり活動への参加・協力、中小企業に対する技術指導・支援、雇用や商品・資材の地元調達などにより地域経済発展への貢献に努めています。また、福祉関連などの活動を通じて地域社会への貢献を図っています。

アルミ缶リサイクル活動

昭和電工グループでは、1972年からアルミ缶リサイクル活動を行っています。2016年は、グループ社員の活動への参加率が98.9%と最高記録を更新しました。社員が回収してきたアルミ缶は、会社により買上げられます。買上げた缶は、グループ会社の(株)昭和アルミ缶リサイクリングセンター、その他に売却しています。本活動で得た売却益は、地域ごとにさまざまな施設や団体に寄付しています。

アルミ缶リサイクル活動参加率

アルミ缶リサイクル活動参加率

その他

その他、事業場の活動について紹介するサイト情報誌の発行や、近隣住民の方々を対象にした工場見学の開催、文化・スポーツ振興等に関しての支援など、地域社会とのコミュニケーションを図っています。

TOPICS大分コンビナートでCSRレポートを発行

写真:関係者による記念撮影

プロジェクトのメンバーと
今回作成したCSRレポート

昭和電工(株)大分コンビナートでは、従来の環境や安全中心のRCレポートの内容を見直し、今年からCSRレポートを発行することとしました。これは地域の方から、会社が何をしているのか関心があるという声をいただいたり、当社も地域の方に昭和電工のことを知ってもらいたいという想いからです。化学や大分コンビナートを知らない方にもわかりやすい内容にすることを心がけて、大分コンビナート内の女性社員中心でプロジェクトを組んで取り組みました。メンバーでディスカッションを繰り返し、親しみの感じられる柔らかいトーンで、写真も多用したレポートとすることができました。8月の大分コンビナートでの家族見学会以降、ご来場いただいた皆様にお渡しする予定です。

ページトップへ