CSRニュース

渡良瀬遊水地クリーン作戦に参加しました(小山事業所)

2014年5月13日

清掃の様子

4月19日(土)、小山市を含む4市2町が主催する「渡良瀬遊水地クリーン作戦」が開催されました。
今年度は、昭和電工(株)小山事業所(ケーヒン・サーマル・テクノロジー、昭和アルミサービス含む)から、従業員とその家族を含む29名が参加し、広大な遊水地で、春の柔らかな日差しの下、額に汗をかきながらゴミ拾いを実施してきました。

渡良瀬遊水地は、2012年7月3日ラムサール条約湿地に登録された、総面積3300haの本州以南最大の湿地です。自然環境は緑豊かな広大なヨシ原が特徴で、多くの動植物が、生育・生息しています。

今後も多くの参加者を募り、地域の環境美化に貢献していきます。