CSRニュース

春の総合防災訓練を実施いたしました(東長原事業所)

2014年5月15日

4月21日、東長原事業所では場内企業及び常駐協力企業合同で春の総合防災訓練を行いました。

訓練では、事業所内でホスゲン漏洩トラブルが発生し従業員1名が被災したと想定のもと、非常対策本部を設置し、状況の把握に努めるとともに、119番通報により会津若松消防署十文字出張所から救急車が出動、負傷者救護を行いました。
また、事前連絡のうえ近隣地区の皆様と消防や行政など関係機関への状況報告も行い、通報訓練にご協力いただきました。

今回は行政機関の方にも見学していただいて、「緊張感のある訓練で非常に良かった」などの感想をいただきました。また、当日は普通救命講習も行われ、十文字出張所の方より指導を受け、AED使用方法や心肺蘇生法について学びました。

訓練終了後、十文字出張所内山所長より「社員の人命を守る事を第一に、今後も訓練を続けて欲しい。」との訓示をいただきました。今後も人命救助を第一に、訓練を通して災害や緊急時への対応に備えていきます。

救護の模様救護の模様

非常対策本部の様子非常対策本部の様子