CSRニュース

夢!化学-21 夏休み子ども実験ショーに出展しました。

2014年8月20日

2014年8月2・3日の2日間、科学技術館(東京・北の丸)で開催された小・中学生向けの化学実験イベント「夢・化学-21 夏休み子ども化学実験ショー」に出展しました。

「夢・化学‐21 夏休み子ども化学実験ショー」に出展

今年は「生分解性プラスチックでマスコットをつくろう」と題し、ビーズ状の生分解性プラスチックをお湯で加熱して軟化させた後、好きな形の型にはめ込みマスコットを作るという実験を行い、熱可塑性プラスチックの性質を体験してもらいました。
実験の前後には生活の様々なシーンでプラスチックが活躍していること、プラスチックはとても便利であるけれど廃棄のルールを守らないと問題が起きてしまうこと、生分解性プラスチックは微生物の働きで分解されプラスチック処理の問題解決策の1つであり、当社も生分解性プラスチックを製造していること、当社がプラスチックリサイクルを行っていることなどをクイズも交えて紹介し、プラスチックへの理解を深めてもらえるよう努めました。
参加した子供たちは、様子が変わるプラスチックを興味深く観察したり、できあがったマスコットに思い思いの絵を描いたりして実験を楽しみました。

2日間を通して約8,000人の皆様が足を運び、当社のブースでは約320人の子供たちに参加してもらいました。

実験の様子実験の様子

実験でつくったマスコット実験でつくったマスコット

当社グループでは今後とも次世代を担う子供たちへの化学教育に積極的に貢献していきます。