CSRニュース

地域の清掃活動に参加しました(昭和電工セラミックス 富山工場)

2014年9月1日

昭和電工セラミックス富山工場では、地域の清掃作業に積極的に参加しています。

7月6日は、富山県主催 県下15市町村で3ヵ月間をかけて順次実施される海岸清掃 “みんなできれいにせんまいけ大作戦”に参加しました。
当工場から直線距離で1.5km、車では5分程のところにある岩瀬浜海水浴場の清掃活動です。今回で3回目の参加になりますが、新社名となって初めての参加で新品の“のぼり”を掲げ総勢20名での取り組みとなりました。
早朝5時からお揃いの作業服を着て、ごみ袋を片手に格闘すること1時間、きれいな砂浜があらわれました。

清掃の様子作業の様子

参加した従業員みんなで参加した従業員みんなで

8月24日(日)は、230を超える企業や団体が参加する、富山市一斉清掃“ふるさと富山美化大作戦”に参加しました。
市町村合併を機にスタートしたこの取り組みも今年で10回目を数え、当工場の参加は今回で3回目になり、当日は12名が参加しました。
イベントには約7万3千人が参加し、市内7ヶ所の重点地域を中心に、たばこの吸い殻や空き缶など26トンのごみを回収しました。
これからの季節は夏の暑さも和らぎ、富山市の一角、八尾地区は来月1日から“おわら風の盆”に入り、ごみの無い美しい街に全国からの観光客を迎えることになります。

ゴミ拾って歩きました。ゴミを拾って歩きました。