CSRニュース

工業高校の見学会を開催、養護学校の2年生のインターンシップを受け入れました(昭和電工セラミックス塩尻)

2014年7月25日

見学会での当社概況説明の様子

6月12日岡谷工業高等学校の生徒40名が塩尻工場に来場されました。
岡谷工業高等学校は長野県で最も長い歴史を誇る工業高校です。塩尻工場にもOGの方が20名弱在籍しています。今回は、キャリア教育の一環として働く人の姿を見ることにより仕事について身近に考えることを目的に工場に来場されました。
見学では、塩尻工場の紹介、WA電炉、超高圧、太陽光発電エリアを回りました。参加者はメモを取ったり、製品に触れたり、従業員に質問をするなどしていました。今回の見学を通じて化学のことに少しでも興味を持ち、自身の将来のことを考えるきっかけになればと思っています。

インターン生の網張センター作業の様子

6月16日~20日の5日間で安曇野養護学校の2年生1人が職業体験をしました。
安曇野養護学校からインターンシップ生が塩尻工場に来るのは初めてでしたが、パソコンでの入力作業、固定資産のラベル貼り、網張センターにて網の張替作業の準備を行いました。
元気よく、非常に集中して作業をしている姿が印象的でした。

当社では今後も見学会やインターンシップ生を受け入れ、昭和電工グループに興味を持ってもらえるよう取り組んでいきます。