CSRニュース

普通救命講習を開催しました(龍野事業所)

2014年10月20日

10月6日、たつの消防署より講師をお招きし、普通救命講習を開催しました。
「この講習は、実習を通して心肺蘇生法やAEDの使い方を体得することを目的に、たつの市が出前講座として開催しているものです。

昨年に引き続き、今年も各職場および協力企業から参加者を募り、合計24名が受講しました。講習では、実際に救命活動が必要な場面で役立つように講師の方が工夫され、「少年野球でピッチャーの胸にボールが当たったら」「温泉で急に意識を失って溺れたら」などの想定でも訓練を実施しました。受講者には臨機応変な対応が求められ、「気を付けるポイントがより明確に実感できた」と大変好評でした。

「少年野球でピッチャーの胸にボールが当たったら」と想定して実習しました。「少年野球でピッチャーの胸にボールが当たったら」と想定して実習しました。

心肺蘇生法の実習心肺蘇生法の実習

本講習の受講者には普通救命講習修了証が渡されます。修了者は率先して職場や地域での救命活動を行っていきたいと思います。
今後も安全・安心な職場づくりを目指して諸活動の推進に努めていきます。