CSRニュース

アルミ缶収益金より寄付を行いました(東長原事業所)

2014年9月5日

東長原事業所では、アルミ缶リサイクル活動の一環として、毎年チャリティ収益金から寄付を行っています。

7月2日、会津若松市社会福祉協議会河東支所へ、折り畳み式リクライニングベッド1台を寄贈しました。
当日、同所で行われた受納式では、武藤総務グループリーダーより武藤淳一会津若松市社会福祉協議会長へ目録が手渡されました。今回お贈りしたベッドは、デイサービス施設「桜河苑」の利用者の方に、お昼休みの休憩などでお使いいただきます。

続いて7月9日、下郷町の下郷作業所ホイップへ草刈り機を寄贈しました。

ホイップには、年間6万缶を超えるアルミ缶リサイクルでご協力いただいておりますが、メインのパン製造事業の他に農業を行っており、その活動に役立てていただきたいとの事で草刈り機の寄贈となりました。

当日はホイップの事業所において、発電グループの戸塚グループリーダーより星太治社会福祉法人南陽会理事長へ草刈り機が手渡されました。

会津若松市社会福祉協議会にて会津若松市社会福祉協議会にて

下郷作業所ホイップにて下郷作業所ホイップにて