CSRニュース

「理科実験教室」と「英語教室」を開催しました(事業開発センター(土気))

2014年10月23日

8月23日、坂口コーポレートフェローと昭和電工(株)先端技術開発研究所有志が、小学生対象の「理科実験教室」と「英語教室」を埼玉県蓮田市の椿山自治会館で開催しました。3度目の開催となる今回も、小学生の皆さんに理科だけではなく英語や外国文化にも理解を深めてもらい、将来世界に羽ばたく人になってほしいと考え、理科実験教室と英語教室の2部構成で行われました。

今年の参加者は32名で、昨年に引き続きたくさんの子ども達と保護者の方々が足を運んでくれました。中には、昨年参加したリピーターもいらっしゃいました。

第1部の英語教室では、英語でのカードマジック、先生の出身国の紹介、クイズゲームが行われました。マジックでは開始早々小さな女の子にタネを見破られるハプニングもありましたが、子ども達はどのパートでも一生懸命答えを考え、元気いっぱいに発言してくれました。
第2部の理科実験では、①燃料電池を使って風車を回すデモ ②乾電池とアルミ線を使ったリニア実験 ③大きなシャボン玉を作る実験 を行いました。リニア実験では、親御さんにも実験補助に入ってもらい、親子一緒に工夫をこらしながら楽しく取り組むことができました。シャボン玉実験を外で行ったところ、子ども達はまさに水を得た魚で、大きく膨らんだシャボン玉をつなげてみたり、大きさ競争をしたりと、特別なシャボン玉でどんどん遊びを作り出していました。

終了後は自治会側から楽しかったとの声が届き、子ども達の夏の思い出作りのお手伝いができたことに有志一同大きな達成感を感じることができました。

英語授業の様子英語授業の様子

理科実験授業で講師をする李建燦さん理科実験授業で講師をする李建燦さん