CSRニュース

AOI-VMパイロットプラント運転再開見学会を開催しました(東長原事業所)

2014年11月5日

10月19日に、東長原事業所において、2008年に発生した事故により停止していたAOI-VMパイロットプラント運転再開見学会を開催しました。AOI-VMは当事業所で量産化技術を開発した機能性モノマーであり、塗料、コーティング分野など大型市場にて利用が期待されている製品です。

今回の見学会は当事業所の活動と、運転を再開するAOI-VMパイロットプラントを近隣地域の皆様に見学していただくことによって、製造再開へのご理解をいただくために行われました。

近隣地区22名の方々が参加され、佐々木所長の挨拶、平岡次長の新プラントの概要説明の後、バスでプラントエリアへ移動し、プラントを見学しました。
質疑応答では、設備に不具合が発生した場合の安全対策に関する質問があり、安全装置の多重化や情報伝達システムなどの対応策を説明し、ご理解いただくことができました。

佐々木所長あいさつ佐々木所長あいさつ

プラント見学の様子プラント見学の様子

東長原事業所では今後も、地域の方々とのコミュニケーションを密にする取組を継続して参ります。