CSRニュース

子ども化学実験ショー 2013 in 盛岡 に出展しました。

2013年10月22日

2013年10月19・20日の2日間、イオンモール盛岡で開催された「子ども化学実験ショー2013 in 盛岡」に出展しました。

当社は化学実験体験コーナーにて、身の回りにある洗濯のり(PVA)とほう砂を使い、スライムをつくる実験を行いました。

食紅で染めた赤と青の色水を用意し、まず、子供たちにどちらの色のスライムを作るか選んでもらいました。液体だった洗濯のりが液体と固体の中間の不思議な感触に変わってくると子供たちは大喜び、色を変えて2回目の実験をしに来る子供もいました。2日間を通して約450人の子供たちが実験に参加しました。

実験ショーの様子実験ショーの様子

スライムづくりの様子(ビニール袋の中に色水、洗濯のり、ほう砂を入れてよく混ぜ合わせるとスライムの出来上がり)スライムづくりの様子(ビニール袋の中に色水、洗濯のり、ほう砂を入れてよく混ぜ合わせるとスライムの出来上がり)

本化学実験ショーでは、当社が行うスライム実験の他、レモンを使ったイオン電池を作成する実験、化学マジシャンYOHEYの化学マジックショー、化学クイズ大会が実施されました。2日間合計で2000人以上の親子が参加されました。

「子ども化学実験ショー」は一般社団法人日本化学工業協会など4団体で構成される「夢・化学-21」委員会が実施する「夢・化学-21」キャンペーン事業の一環で、子どもたちに“化学のフシギ”を体感してもらうことを目的にした実験体験イベントです。これまでは東京のみでの開催で、当社も毎年出展してきました。より多くの子供たちに化学の面白さを知ってもらおうと、昨年から子供向け実験体験イベントの全国展開がスタートし、当社もこのたび初めて地方での実験ショーに参加しました。

当社グループでは今後とも次世代を担う子供たちへの化学教育に積極的に貢献していきます。