CSRニュース

松本障害者雇用支援センターの訓練生が来場しました(塩尻事業所)

2013年11月7日

説明会の様子

10月22日、松本障害者支援センターの訓練生12名が塩尻事業所に来場されました。

松本障害者支援センターは、知的障がい者の支援をしている施設です。各種の訓練を日々実践し、企業の求人に応えられる人づくりに励んでいられます。今回は、訓練の一環として塩尻事業所の見学会を行いました。

訓練生の皆さんは、記念館で昔使っていた「タイガー計算器」に興味を持たれたようで、使い方を聞いたり、触ったりして体感していました。本年9月に完成した太陽光発電の見学では、ソーラーパネルの多さ(6,674枚)にビックリしていた様子でした。