CSRニュース

工場周辺の清掃活動を実施しました(昭和電工グループ 彦根地区)

2013年11月11日

事業所周辺の清掃活動の様子

昭和電工グループ彦根地区では、滋賀県主催の淡海エコフォスター事業(*)に参加し、定期的に道路などの公共スペースを清掃しています。

10月28日、彦根地区の昭和電工(株)、昭和電工パッケージング(株)の社員46名で、工場周辺道路の清掃を実施しました。

また、今年の5月30日「ゴミゼロの日」に合わせて、滋賀県下一斉のクリーンキャンペーンに参加し、事業所に近い宇曽川周辺を清掃しました。

昭和電工グループ 彦根地区では、地域・行政との協調を大切にしています。
特に地域の美化活動は、従業員が積極的に参加しており、今後も活動を継続して地域に貢献していきます。

*淡海エコフォスター制度とは(滋賀県HPより)
エコフォスターとは、エコ(環境)とフォスター(育成する)を結びつけ、環境こだわり県・滋賀を表す「淡海」を冠した造語です。公共的場所の美化および保全のため、県民、事業者等が当該場所を愛情と責任を持ってボランティアで美化清掃する制度で、環境美化に対する県民等の意識の高揚を図るとともに、ごみの散乱を防止し、県民等と県が一体となった地域活動を推進することを目的としています。