CSRニュース

知的・精神障がい者のインターンシップ(就労体験)を開始しました②(本社)

2013年11月12日

報告会の様子

10月28日~11月1日の5日間、昭和電工本社にて精神障がい者のインターンシップを実施しました。10月7日から行われた知的障がい者インターンシップに続いての受け入れとなります。

今回は医療機関の就労支援プログラムを利用されている精神障がい者の方3名が来られ、データ入力、製本、PDFファイル作成、社内メール集配、書類整理、シュレッダー、書類発送など様々な業務を体験していただきました。

最終日には本インターンシッププログラムの一環として報告会を開催し、この5日間の就労体験で自信になったこと・成長したことなどについて、ご自身で作成したパワーポイント資料を使って発表していただきました。発表では、就労移行サービスでの業務とは違う仕事の難しさや自分の現在のスキルに対する認識を示しながらも、業務は苦ではない、楽しい、社会の一員としてやっていけそう、一日も早く就労したい、などの意欲を見せてくださいました。

本インターンシップが、インターン生の就労のために有意義な経験となりましたら幸いです。また、当社としては、これまでに実績のない知的・精神障がい者の方による事務・庶務業務(特に本社内)のノウハウを蓄積し、様々な障がいを持つ方が働ける環境の確保に努めたいと思います。