トップページ>CSR情報>CSRニュース一覧>「夢・化学‐21 夏休み子ども化学実験ショー」に出展しました

CSRニュース

「夢・化学‐21 夏休み子ども化学実験ショー」に出展しました

2017年9月25日

昭和電工(株)は8月5日、6日の両日、東京都 北の丸の科学技術館で行われた「夢・化学‐21 夏休み子ども化学実験ショー」に出展しました。

当社は本実験ショーに毎年継続して出展していますが、今年は吸水性ポリマーを用い「水を吸うポリマーのふしぎ~クリスマスツリーに雪を降らそう~」というテーマの実験を行いました。

吸水性ポリマーは水を吸って保持するという性質から、紙おむつ、保冷剤、芳香剤、園芸用の保水剤などいろいろな分野に使われています。この吸水性ポリマーの用途や吸水・脱水のしくみを学ぶとともに、吸水性ポリマーを使って溶けない雪をつくる実験を行いました。つくった雪や吸水性ポリマーでできたカラフルなジェリーボールを用いて、小さなカップの中に雪景色を作成して持ち帰っていただきました。ジェリーボールはビーズのように小さいのですが、6時間程度吸水させると10倍の大きさになるそうで、このジェリーボールの吸水性を観察してもらえるよう吸水前のジェリーボールも宿題としてお渡ししました。

今年は2日間にわたり約5,500名もの皆さんが科学技術館に来場され、当社の実験には約230名の子どもたちが参加されました。

今回の出展は、普段なじみのない「化学」への興味をお子さんに持っていただくとともに、ご家族に対しても当社に対する認知度を高めていただく良い機会になりました。今後も、子ども向けの化学実験教室や工場見学などを通して地域社会との対話を進めて参ります。

写真:実験の様子元気な子どもたちと実験中

写真:作成した雪景色吸水性ポリマーでつくった溶けない雪を飾り付けた雪景色