CSRニュース

無災害記録40年を達成(東京液化酸素)

2017年8月1日

実習の様子実習の様子

東京液化酸素(株)は、2017年6月15日をもって無災害記録40年を達成しました。

1977年に液化窒素のホースを延長中に躓き休業災害が発生した以降、無災害を継続しています。

7月4日、昭和電工ガスプロダクツの西村社長より表彰状が授与され、「無災害40年は素晴らしい記録であり、先人の方々から現在に至るまで、全従業員をあげて災害防止に努力されたことに敬意を表する」との言葉をいただきました。

今後とも、地道な安全活動、きめ細かな安全管理により無災害を継続し、さらなる無災害記録更新を目指して努力していきます。

ページトップへ