CSRニュース

アルミ缶リサイクル活動による収益金を寄付しました(喜多方事業所)

2017年7月18日

写真:目録贈呈

喜多方事業所では、6月28日、2016年のアルミ缶リサイクル活動で集まった収益金(61,028円)を、喜多方市社会福祉協議会へ寄付しました。

同協議会は、地域のボランティアと協力し、高齢者や子育て中の親子が気軽に集える「サロン活動」を進めているほか、ボランティア活動に関する相談や活動先の紹介、また、小中高校における福祉教育の支援等、地域の福祉活動の拠点としての役割を果たされています。

今回の寄付金は、子どもから高齢者にいたる地域福祉事業の向上のために役立てられるとのことです。

喜多方事業所では、今後もアルミ缶リサイクル活動を推進し、地域社会へ貢献していきます。

ページトップへ