CSRニュース

アルミ缶リサイクル活動による収益金を日本赤十字社へ寄付しました(事業開発センター(土気))

2017年7月5日

写真:日本赤十字社(千葉市)での贈呈式にて

6月26日、事業開発センター(土気)は、アルミ缶リサイクル活動で集めた収益金の一部(30,000円)を日本赤十字社千葉県支部へ寄付しました。

土気地区では、2016年に10,245本のアルミ缶が回収され、その収益金と過去の収益金の一部を合わせて30,000円を寄付することができました。日本赤十字社の活動に少しでも役立てていただけたらと願っております。

事業開発センター(土気)では、今後もアルミ缶リサイクルを推進し、社会貢献活動を続けていきたいと思います。

ページトップへ