CSRニュース

フォークリフトの安全教育を開催しました(昭和電工セラミックス 塩尻工場)

2017年7月12日

写真:講習会の様子

昭和電工セラミックス(株)塩尻工場では、6月22日にフォークリフトの安全教育を行いました。

塩尻工場では、製品の荷積みや搬送、原料の受け入れから製品出荷まで、フォークリフトを使用する業務が多くあり、数十台のフォークリフトが稼働しています。このためフォークリフトを起因とする災害のリスクは高く、作業者からの教育ニーズも高いことから、このたび教育の開催に至りました。

教育実施にあたっては、トヨタL&F長野株式会社から講師をお招きし、フォークリフトの特徴や事故事例について専門的な視点での解説をいただきました。

受講者も、空身のフォークリフトの方が転倒しやすいといった力学的な理論の説明や、生々しい事故事例の解説に熱心に耳を傾けていました。

今回の教育を活かして安全な作業に努めるとともに、教育のニーズを捉えた安全教育を行い、事故・災害の防止に役立てていきたいと思います。

ページトップへ