CSRニュース

総合防災訓練を実施しました(伊勢崎事業所)

2017年8月29日

6月19日、伊勢崎事業所では流出訓練を実施しました。

今回の流出訓練は二部構成で行いました。第一部では廃液の流出を想定した訓練を行い、第二部では模擬記者会見を行いました。

第一部の流出訓練は、廃液コンテナのバルブ不良を原因とした廃液の構外流出を想定したものでした。より詳細な状況を想定したことで、本番さながらの雰囲気で訓練は進 んでいき、その中で今後に向けての課題も見つかりました。

第二部の模擬記者会見は、流出訓練の直後に行いました。記者役の従業員から厳しい質問が投げかけられるなど、非常に緊迫した雰囲気でした。想定される質問に対して、 適した回答を用意することの重要性を実感しました。

事業所としてさらに訓練を重ね、非常時にも対応できるよう、各人のスキルアップを行っていきます。

写真:現地対策本部の様子

現地対策本部の様子

写真:非常対策本部の様子

非常対策本部の様子

ページトップへ