トップページ>CSR情報>CSRニュース一覧>CSRニュース一覧(2017年)>世界禁煙デーの取り組みを実施~喫煙、受動喫煙に関連する病気について考える機会に~(東長原事業所)

CSRニュース

世界禁煙デーの取り組みを実施~喫煙、受動喫煙に関連する病気について考える機会に~(東長原事業所)

2017年7月21日

写真:正門前における活動に様子正門前にて

東長原事業所では世界禁煙デーの5月31日に合わせ、禁煙、受動喫煙について考えてもらう機会として、啓蒙活動を毎年実施しています。

今年は、会津保健福祉事務所のご協力でいただいた啓蒙のチラシとポケットティッシュを朝の出勤時間に合わせ事業所正門前で、事業所従業員と場内に立地する企業で働く皆様を対象に約300人に配布しました。

この日をきっかけとして禁煙、喫煙や受動喫煙に関連する病気も含め、すべての人が健康について考える機会となればと考えます。

東長原事業所ではこれからも継続して健康支援の充実を図っていきたいと思います。