CSRニュース

地元高校生が工場見学に来場しました(徳山事業所)

2017年6月22日

徳山事業所では、6月14日、山口県立南陽工業高等学校 応用化学科の2年生38名が工場見学に訪れました。この工場見学は毎年の恒例となっており、毎年生徒の皆さんが高校から徒歩で訪れ、所長の挨拶・次長による会社の概況説明を受けた後に工場見学という流れで行っています。

当日は朝から良い天気で、絶好の工場見学日和でした。

工場見学では3班に分かれて時差スタートで場内を一周しました。見学中、生徒の皆さんは、クリーンルームや新しくできたスーパーソルファインのプラントなどをとても興味深そうにじっくりと眺めていました。その後の質疑応答では、今年も昨年同様元気いっぱいのクラスのようで、たくさんの質問をいただきました。

徳山事業所では来年以降も継続して工場見学を実施し、地域への貢献へ努めてまいります。

写真:説明を熱心に聴いている生徒のみなさんの様子

説明を熱心に聴いている生徒のみなさん

写真:場内のプラントの説明の様子

場内のプラントの説明

ページトップへ