CSRニュース

大島クラブにて消防訓練を実施しました(川崎事業所)

2017年7月11日

5月24日、川崎事業所の社員クラブ「大島クラブ」にて、消防訓練を実施しました。この訓練は、出火時の対応の確認と対応力の向上を目的に毎年1回実施しているものです。

今年は、大島クラブ1階ボイラー室から出火したという想定で、火災発見から初期消火、消防署および関係部署への通報連絡、避難・誘導までの一連の流れと対応を実施・確認しました。訓練には、大島クラブの従業員の方合計8名が参加し、通報や消火を模擬で行いながら、一つ一つの対応を確認していました。

火災が発生しないことが一番ですが、万が一火災が発生してしまった場合、今回の訓練で習得したことが発揮され、被害が最小限に止められればと思います。

写真:消火器の構造や取扱の説明

消火器の構造や取扱の説明

写真;水消火器による実技訓練の要旨

消防訓練の最後には、水消火器による実技訓練を全員が実施しました。

ページトップへ