CSRニュース

普通救命講習を実施しました(昭和電工セラミックス 富山工場)

2017年5月26日

4月27日、昭和電工セラミックス(株)富山工場では、富山北消防署より講師の方3名をお招きして普通救命講習を行い、従業員21名が参加しました。

本講習の内容は主として実践的な訓練で、訓練用のマネキンを用い3班に分かれて被災者の意識確認、救護応援の要請、心肺蘇生・気道確保、AEDの活用に至る一連の訓練をそれぞれ順々に行いました。

参加者は座学だけでなく、被災者に見立てたマネキンを前に訓練することで、施術の強さ加減やよりリアルな対応方法を身に付けることができました。身近な人にそのような事態が起こらないことが一番ですが、万が一の場合適切な行動を冷静に行えるよう、今回の講習が役立てばと思います。

最後は参加者全員に修了証が手渡され、救命技能を有していることを認定いただきました。

写真:心肺蘇生術の実習

心肺蘇生術の実習

写真:講習会の様子

講習会の様子

ページトップへ