CSRニュース

健康推進活動を行っています(事業開発センター(土気))

2017年6月14日

写真:歩け大会の様子

事業開発センター(土気)では、健康推進活動を行っています。

1月から3か月間、独自の目標を一つたてて健康活動に取り組む「チャレンジワン!」を実施しました。これは対象者が各々自分に合った目標をたてて3か月間続けるもので、3月の健康診断に向けて企画しました。

目標を達成した人には「達成賞」が、達成はできなくても毎日取り組むことができた人には「参加賞」が与えられます。今回は138名中、3か月間実施できた方は61名で、そのうち「達成賞」をもらうことができた人は28名でした。

3か月間毎日取り組むのは大変でしたが、達成賞のご褒美を目標に頑張り続ける人も多く、また、達成賞は家族で楽しめるものもあったので、家族の応援(プレッシャー?)を受けながら目標を達成し、家庭に貢献することができた人もいたようです。
「チャレンジワン!」をきっかけに、運動習慣や生活習慣などの改善意識が高まり、期間終了後も続けている人も多く見受けられます。

また、5月29~6月1日の4日間、「歩け大会」を開催しました。昼休みの時間を使って1, 3, 4kmの3コースのうちいずれかを申告し、時間制限はなく自分のペースで歩いてくるもので、毎年春と秋に年2回開催しています。この大会は10年以上続いており、今では恒例行事となっています。

新緑の中、同僚や友人と歩くことによって身体だけでなく、心もリフレッシュすることができました。以前に比べると複数名でゴールする姿も増え、部署を超えてコミュニケーションが図れる機会になっているようです。
出張者、年休取得者を除いた参加率は84%となり、土気では根付いた健康活動となっています。

事業開発センター(土気)では、今後も健康推進活動を続けていきたいと思います。

ページトップへ