CSRニュース

健康講演会を開催しました(川崎事業所)

2017年5月18日

写真:講演会の様子

4月11日川崎事業所にて健康講演会を開催しました。

この健康講習会は、例年川崎事業所で年に数回開催しているもので、その時々に合わせたテーマを取り上げています。今回は、春の健康診断の時期ということもあり、「定期検診の意義:定期健診受診により健康をゲット」と題して、産業医の杉田先生より約1時間の講演を行っていただきました。事業所内から合計65名が参加しました。

講演は、混同されがちな「健診」と「検診」の違いの紹介からスタートし、健診の種類や目的、結果の見方、結果の活用法を紹介した後、後半では、「健康をゲット」するための方法の一つとして、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防策、禁煙の薦めを紹介して、講演を締めくくられました。

理想的な生活習慣に近づけるためのちょっとした工夫として、杉田先生の哲学や経験を交えて、「青魚を摂取すること」「速足で歩く機会をつくること」「天の恵みだと思って階段を使うこと」などを紹介されました。

今回の講演会では、聞く機会があるようであまりなかった健診の意義やその活用について知ることができました。これにより、健診や健診結果が、生活習慣を見直すきっかけとして活用されるとともに、川崎地区の健診受診率アップにつながればと思います。

今後も川崎事業所では事業所で働く従業員の健康づくりのため、講演会や各種取り組みを継続して実施していきます。

ページトップへ