CSRニュース

2016年度アルミ缶リサイクル活動による寄付を行いました(川崎事業所)

2017年3月9日

2月14日、2016年度の川崎地区アルミ缶リサイクル活動で得たアルミ缶売却金208,963円を川崎市健康福祉局へ寄付しました。寄付金は、長寿社会福祉振興基金を通じて地域福祉の振興に活用されます。

川崎地区でのアルミ缶売却金の寄付の取り組みは、2016年度で15年目になり、寄付を行った総額は3,190,914円になりました。

川崎地区における2016年度の年間回収量は160,026缶を記録しました。目標年間回収量150,000缶を達成すると共に、前年度(2015年度)の年間回収量153,093缶を6,993缶上回る記録となりました。

2017年度も、①年間活動参加率100% ②年間回収量160,000缶以上+2016年度実績超過 を目標に、アルミ缶リサイクル活動を推進し、地域社会へ貢献していきます。

写真:寄付金を渡す様子

川崎市健康福祉局長へ寄付金を手渡しました

写真:感謝状

いただいた感謝状

ページトップへ