CSRニュース

小山市と災害時における協定を締結しました(小山事業所)

2017年2月27日

写真:協定締結をした木曜会各事業所代表者と小山市長協定締結をした木曜会各事業所代表者と小山市長

小山事業所を含む12事業所が加盟する経済団体「木曜会」と小山市は、1月26日に災害時における「災害時協定調印式」に出席し、災害協定を締結しました。2015年9月の関東・東北豪雨のような災害に備えることを目的としたものです。

協定では、各事業所にて災害発生時に、自社製品・サービス・資機材・人員・井戸水・駐車場・体育館などを一時避難場所に活用するなどの協力支援体制を構築することを取り決めています。小山事業所では、事業所で所有する体育館・駐車場を一時避難場所として提供することとしました。

締結式は、小山市役所で行われ、市長・各事業所の工場長ら関係者約20名が出席しました。小山市長は、「行政機関の資機材にも限りがあり、大規模災害時には民間事業所の協力が必要になる。協定締結を契機として日頃から相互の連携を図り、協力関係を構築したい」と挨拶をされました。

今後も、小山市と地域住民・地域団体との連携を図り、地域貢献に努めてまいります。

ページトップへ