CSRニュース

アルミ缶リサイクル活動によるチャリシティ寄付を行いました(大分コンビナート)

2017年11月1日

8月23日、大分コンビナートは、アルミ缶回収事業で得た収益金20万円を「社会福祉法人 大分市福祉会」および「社会福祉法人 アップルミント」に寄付しました。

「大分市福祉会」および「アップルミント」は、知的障がい者を中心とした障がい者の方々に対し、就労や生活における支援活動を実施し、社会生活を援助する施設です。

寄付金贈呈式の後は、各施設の作業場や設備を紹介いただきました。商品梱包用の箱作りや大分名産「どんこしいたけ」の袋詰め、パン製造等の現場を見学させていただきました。皆さんが一つひとつの仕事に対し役割と責任を持ってイキイキと働いている様子が印象的でした。特にどんこしいたけの袋詰めでは、虫食いや色形の悪いもの、重量等の見極めと選別もしており、その真剣なまなざしはまさにプロフェッショナルでした。

大分コンビナートは地域に根差し、貢献する企業を目指し、今後もアルミ缶回収事業および収益金の寄付を継続して参ります。

写真:大分市福祉会へ収益金の寄付

大分市福祉会へ収益金の寄付しました

写真:大分名産「どんこしいたけ」選別作業見学

大分名産「どんこしいたけ」選別作業を見学させていただきました

 

ページトップへ