CSRニュース

消防訓練を行いました(連雲港昭菱磨料有限公司)

2018年1月9日

連雲港昭菱磨料有限公司では2017年12月22日、全従業員参加の『冬季消防訓練』を行いました。これは消火活動の確認と冬の寒冷時に放水等の設備状況を確認することを主な目的としています。

最も火災が発生しやすい場所である化学室を火元として火災が発生したとの想定で、火炎の発生する発煙筒を火元に見立て、全従業員にサイレンで火災発生を知らせ、集合場所への避難を行いました。避難は非常に迅速に行われ、火災発生から4分後には点呼が完了しました。

全員が避難したことを確認した後、消火器を実際に使用して消火訓練を行いました。
更に、消火栓からホースを引き出し、防火用水による放水訓練を行いました。火元となった職場の従業員が防火服を着用し、本番さながらに放水を行いました。

当社は、二度と火災事故を発生させてはならないという強い決意を胸に、安全・安定操業を達成できるよう努力していきます。

写真:消火器による消火訓練

消火器による消火訓練

写真:消火栓による放水訓練

消火栓による放水訓練

ページトップへ