CSRニュース

中国現法交流会を開催しました

2018年1月10日

写真:工場見学の様子

工場見学の様子

昭和電工管理(上海)は、2017年11月9日と10日の2日間、中国広東省珠海において中国現法交流会を開催致しました。

昭和電工グループから7社(四川昭鋼炭素、昭和電工アルミ(南通)、上海昭和高分子、浙江衢州巨化昭和電子化学材料、赣州昭日稀土新材料、昭和電工新材料(珠海)、GMM)、さらには長興グループからもご参加いただきました。

初日は昭和電工新材料(珠海)と長興材料工業(広州)を訪問しました。主に安全、安定生産、TPM活動への取り組みについての紹介でした。工場見学では説明者に対して積極的に質問をしたり、現場の写真を撮るなど、皆さん自社の活動に生かそうという意欲が表れていました。

2日目の午前は外部講師を招き、組織一体化に関するワークショップを実施しました。目標設定や問題解決についての手法を学んでいただき、皆さんからは非常に参考になったとの感想を頂きました。午後は珠海市にあるビール工場を見学し、最後の試飲会では皆さん楽しい雰囲気の中で交流を深めていました。

今回、初めてとなる中国現法交流会の開催でしたが、多くの方に参加いただき、非常に有意義な内容となりました。

今後も毎年開催する予定です。

ページトップへ