CSRニュース

人権講演会を開催しました(喜多方事業所)

2018年1月31日

写真:講演の様子

講演の様子

喜多方事業所では2017年12月8日、「障がい者雇用を考える~自分を活かし、人を活かすということ~」と題し、(株)マルトホールディングス 取締役 石山氏を講師にお招きし、人権に関するご講演をいただきました。

マルト様は、いわき市を中心にスーパーやドラックストアなど幅広く事業を展開し、グループ全体で69名の障がい者を雇用して戦力化されています。また、地域全体でも障がい者雇用の取り組みを積極的に推進されています。

講演会ではまず、「2017年人権週間 森川グループCEOメッセージ」を改めて紹介し、喜多方事業所の障がい者雇用の現状について説明をしました。その後の講演では、マルト様での障がい者雇用の取り組みについて、講師ご自身の実体験から苦労したことや良かったこと、また、実際に障がいをお持ちの方がどのように活躍されているのかをご紹介いただきました。写真や映像も交えとても具体的にお話しいただきました。参加者からは、「私たちの意識に問題があったのかもしれない、もう一度障がい者雇用について考えるべきだと感じた。」、「障がい者でも働けるように職場を見直す意識を持てた。」といった感想が聞かれました。

喜多方事業所では、今回学んだことを障がい者雇用の拡大に向けて活用し、障がいの有無に関係なくすべての従業員が活躍できる職場を目指して、取り組みを進めてまいります。

ページトップへ