CSRニュース

人権研修会を開催しました(本社)

2018年1月26日

写真:研修の様子

研修の様子

本社では毎年12月の恒例行事として本社地区人権研修会を開催しています。今年は、“性的マイノリティ”をテーマとする研修を12月13日・18日の2日間、計4回開催し、112名が参加しました。

当日はくじ引きでグループを組み、少人数でテーマについて対話する形式をとりました。
まず始めにグループ内で自己紹介をした後、このテーマのキーワードである“LGBT”の意味や、世の中での割合、それぞれが持つ印象などを話し合いました。その後、トランスジェンダーの中学生やゲイの会社員を主人公とするドラマを観賞し、ドラマの感想や性的マイノリティの方たちが偏見や差別を受けず、自分らしくあるために私たち一人ひとりができることについて話し合いました。

日本においてもLGBTの理解促進に向けた活動が盛んです。LGBTの理解者・支援者を「Ally(アライ)」と呼び、Ally(アライ)であることを表明する人や企業が増えています。今回の研修にあたって、理解者であることを周囲に表明する「Allyステッカー(本社限定)」を作成し、今回の研修参加者に配布しました。

本社ではこれからも研修会の開催を通じて、人権の取り組みを広げていきます。

ページトップへ