CSRニュース

厚生労働省より無災害記録証を授与されました(昭和アルミニウム缶 小山工場)

2018年3月2日

2月23日、昭和アルミニウム缶(株)小山工場は、栃木労働基準監督署において厚生労働省無災害記録証第4種を授与されました。この記録証は、厚生労働省にて業種別に設定されている無災害記録(延労働時間数)の基準をクリアした事業場におくられるもので、無災害期間により1種~5種まであります。昨年9月15日に第4種認証基準である1,150万時間を達成し、現在も無災害記録を更新中です。

この記録は、当工場における安全活動の積み重ねによるものであり、全従業員が一丸となり安全第一をモットーに、災害ゼロを目標として「安全に強い人間づくり」や「設備と作業のリスク低減」活動を推進してきた結果と考えます。

今後も、工場内の不具合是正や決め事を守り守らせる活動を推進し、更なる無災害記録を目指していきます。

写真

認定証をいただきました

写真:認定証

認定証

ページトップへ