CSRニュース

納涼祭を実施しました(伊勢崎事業所)

2018年10月11日

2018年9月1日、昭和電工(株)伊勢崎事業所ではアイカ工業(株)伊勢崎工場との共催で、納涼祭を開催しました。

今年も多くの両社従業員及びそのご家族・協力企業・近隣住民の方々などにご参加いただきました。また、五十嵐伊勢崎市市長をはじめとした多くのご来賓の方々にお越しいただきました。今年は参加者合計が400名を超え、過去最大規模での伊勢崎地区納涼祭となりました。

伊勢崎地区の納涼祭では、昭和電工(株)とアイカ工業(株)両社の入社1・2年目社員が皆様に楽しんでいただくために、ステージイベントを企画しております。今年は「ギネスに挑戦!」と題て、参加者の方々に様々なギネス記録に挑戦していただきました。特にバナナの早食いを行っているときは、より一層の盛り上がりを見せました。参加者の方々も健闘しましたが、新たなギネス記録を樹立することはかないませんでした(ギネス記録は1分間に8本)。

ステージイベント後には近隣地区の団体である富塚町銭太鼓愛好会の方々に銭太鼓を披露していただきました。約10分間の演目でしたが、ステージ前には人が集まり、大きな盛り上がりを見せていました。

また伊勢崎地区の納涼祭は土曜日に開催するため、多くのお子様にもご参加いただいています。そして本年も子供向けの出店も大盛況でした。映画上映、綿菓子、射的、ヨーヨーすくい、ビンゴ大会が行われていて、納涼祭を通して終始、ひときわ大きな賑わいを見せていました。

その後、毎年恒例の大抽選会を行いました。今年も社内外からご協賛を頂き、豪華景品を多数用意することができました。大抽選会の途中から雨に降られてしまいましたが、当選番号が読み上げられる毎に、歓声と落胆の声が響き渡りました。

終盤はあいにくの天候となってしまいましたが、参加者の方々の協力もあり、無事に納涼祭を成功させることができました。

今後も参加した方々にご満足いただける納涼祭を開催していきたいと考えております。

※銭太鼓とは民族芸能の楽器の一つで、竹筒の中に銭を通した針金を仕込んだもので、銭の鳴る音がするものです。

写真:バナナ早食いのギネスに挑戦中

バナナ早食いのギネスに挑戦中

写真:綿菓子の出店

綿菓子も人気でした

ページトップへ