中期経営計画 Project 2020+進捗状況

中期経営計画「Project 2020+」の進捗状況について

2016年に実施した施策について、いくつかご紹介 します。

サンアロマー株式会社を連結子会社化

写真:サンアロマー(株)大分工場サンアロマー(株)大分工場

昭和電工(株)とJXTGエネルギー(株)(以下、 JXTGエネルギー)ならびにライオンデルバセルグループ(以下、 LYB社)は、3社が出資する合成樹脂ポリプロピレンメーカーであるサンアロマー(株)(以下、サンアロマー)の株式の50%にあたるLYB社持分を、当社ならびにJXTGエネルギーが取得しました。
そして当社は、コンビナート競争力強化に向けた施策の一つとして、主要誘導品ポリプロピレンの事業会社である、サンアロマーを連結子会社化しました。サンアロマーはバンパーなどの自動車向け部品に強く、モビリティー分野での事業拡大を加速していきます。

SGL GE黒鉛電極事業買収を決定

写真:黒鉛電極黒鉛電極

昭和電工(株)は、ドイツに本社を有する炭素・ 黒鉛製品メーカーであるSGL Carbon SE( 以下、SGL Carbon)の完全子会社であるSGL CARBON GmbHから、その保有する黒鉛電極事業を営むSGL GE Holding GmbH(以下、SGL GE)の全株式を取得し子会社とすることについて、SGL Carbonと合意しました。
当社は、SGL GEを子会社化することにより、コスト 競争力を追求し、事業耐久性を高め、競争の厳しい事業環境下においても、さらなる発展を目指します。ま た、欧州を含む世界全域をカバーすることで、黒鉛電極のリーディングサプライヤーとしての地位を確立し、 当社の収益基盤を支える事業に復活させます。

自動車用アルミ部品の東南アジア拠点を統合

写真:ショウティック・マレーシア社ショウティック・マレーシア社

昭和電工(株)は、ショウティック事業の競争力強化を目的として、マレーシアのアルミニウム鋳造工場「ショ ウティック・マレーシア(以下、STM)に、シンガポールのアルミニウム鍛造工場「ショウティック・シンガ ポール(以下、STS)を統合することを決定しました。
今回、STSの鍛造機能をSTMに移管し鋳造・鍛造の一貫生産体制を構築することで、品質・生産性の向上および効率的な拠点運営によりグローバルでの競争力を強化してきます。

ページトップへ