新たな価値創造に向けて HD事業部

幅広い技術を活かし、高度情報化社会へ貢献

写真:石川 二朗専務執行役員 HD事業部長
石川 二朗

HD事業部は、パソコンや外付け、ゲーム機、サーバ等の記録デバイスであるハードディスクドライブ(以下HDD)に組み込まれているハードディスク(以下HD)メディアの研究開発、製造、販売を行っています。
現在、世界中で創出される情報量は爆発的に増大しています。スマートフォンによる撮影画像のSNSへの投稿、電子商取引・電子マネーやICカードの普及、RFID(Radio Frequency Identification)による物流管理の進展、モノのインターネット(IoT)化で街中に設置されたカメラや工場のセンサーからのデータ取得など、テクノロジーの進化と社会の変化から創出される情報量は飛躍的に増大しています。
このように急激に増大するデータの記録デバイスとして、HDD、SSD、磁気テープおよび光ディスクのそれぞれが、今後、すみ分けされていくと予想しています。
HDDは、パソコン需要の減退およびSSDへの置換によりパソコン向けの出荷台数が漸減していきますが、大量のデータを保存・管理するデータセンターやクラウド対応のサーバ向けに需要が拡大していきます。こうした大容量向け記録デバイスとして、品質および単位容量あたりのコスト優位性の高いHDDは依然として大きな割合を占め続けることから、我々にとってはまだまだ大きなビジネスチャンスがあると考えています。

HD事業部は、業界トップクラスの電磁気特性・信頼性を日々改善し、HDメディアにおける“Best In Class”のポジションをこれまで堅持してきました。今後も需要の拡大が期待されるデータセンター向けHDDには、3.5インチのアルミ基板とメディアを一体開発し、引き続き市場の要請にお応えしていきま す。
当社は、無機と有機の両市場にまたがる技術を有しており、その幅広い素材技術を活用することで、最先端の独自メディアを市場に投入していきます。また、複数拠点の開発体制の効率化、需要に見合った適正な生産体制をさらに推し進め、コスト競争力・顧客対応力を強化していきます。
今後とも当社は、爆発的に増大するデータの記録に欠かせないデバイスのキーコンポーネントメーカーとして、経済合理性の高い“Best In Class” HDメディアの供給を通じて、高度情報化社会へ貢献していきます。

ページトップへ