CSR方針

CSR方針

昭和電工グループは、現在推進中の中期経営計画「Project 2020+」において、当社グループの製品・技術が、地球環境やエネルギー・資源問題等の社会的課題の解決に貢献できるように事業を進めています。
特に「Project 2020+」期間においては、「レスポンシブル・ケア」、「リスク管理・環境経営」、「企業倫理・コンプライアンス」、「ステークホルダーとの対話」および決定したマテリアリティに重点を置いた活動を進めていきます。
当社グループの考えるCSRとは、「全社員が、経営理念のもと『私たちの行動規範』に基づき誠実に行動し、事業活動を通じて社会に貢献すること」です。
当社グループは、製品・技術・サービスの提供により、豊かさと持続性が調和する社会の創造に貢献していきます。

CSR方針

CSR推進体制

昭和電工では経営会議メンバーが出席するCSR会議を設置し、経営の施策とCSRを連動させる体制としています。CSR会議の下にはレスポンシブ ル・ケア推進会議、リスクマネジメント推進会議、人権・企業倫理推進会議、IR推進会議を置き、CSRに関する個別案件の企画・立案およびCSR会議への上程事項の審議を行っています。
また、各事業部・事業場がそれぞれ行う人権・企業 倫理・コンプライアンス、リスクマネジメント、レスポンシブル・ケアなどの各CSR活動は、CSR部、環境安全室、品質保証室、総務・人事部、広報室がスタッフ部として支援する体制としています。
CSR部では、CSR会議の事務局、CSRに関する基本方針・総合施策の立案・総括、CSR関連情報の収集、グループにおけるリスク管理の総括などを行っています。CSR部のもとに環境安全室および品質保証室を設置し、環境、安全、品質保証などのレスポンシブル・ケア活動を推進しています。人権・企業倫理・ コンプライアンスは、総務・人事部が、CSRコミュ ニケーションは広報室が担当し、個別方針・施策を提案、活動を行っています。

CSRの推進体制図

ページトップへ