SHOWA DENKO HOME 資料のご請求・お問い合せ
製造工程 安定供給体制 おもな用途 使用済プラスチックのリサイクル 取り扱い上のこ注意
使用済プラスチックをアンモニアに
製造工程
ECOANNの製造は、使用済プラスチックを破砕、減容成形品(RPF)に加工する工程、水素を主体とする合成ガスを作る原料化工程、 アンモニア製造工程の3つの工程から構成されます。
破砕成形 ガス化 アンモニア製造  
▲このページのトップへ戻る
破砕成形      
破砕成形   一般家庭や事業者から回収された使用済プラスチックは、破砕機で破砕し、異物除去後に減容成形品(RPF)に加工します。  
ガス化      
ガス化   195トン/日(64,000トン/年)のプラスチックを処理できる日本最大級のケミカルリサイクルプラントでガス化を行います。通常は難しい塩化ビニル樹脂も処理でき、さまざまな種類のプラスチックを分別せずに処理が可能です。  
アンモニア製造      
アンモニア製造   使用済プラスチックから生まれた合成ガスから、水素を取り出し、その水素を利用してアンモニアを合成します。  
▲このページのトップへ戻る
ゼロエミッション型リサイクル
プラスチックからアンモニアまで、製造中に排出されるほとんどの副生物をリサイクルしています。
低温ガス化炉
 
高温ガス化炉
 
ガス洗浄設備
 
脱硫設備
 
工程中に発生した蒸気・温水
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
金属・ガラス
 
スラグ
 
 
硫黄
 
工場内で有効活用
 
金属リサイクルに   路盤材に   ソーダ原料に   硫黄誘導品に    
工程中に発生したCO2
 
↓  
昭和電工ガスプロダクツへ
 
昭和電工ガスプロダクツ(株)にて製品CO2に精製され、液化炭酸ガス・ドライアイスとして出荷されています。
 
 
ドライアイス
 
▲このページのトップへ戻る

COPYRIGHT(C) 2005-2008 SHOWA DENKO K.K. ALL RIGHTS RESERVED.